労働時間の適正な把握のために

使用者には、労働者の労働時間を適正に把握する責務があります。

タイムカードなど、客観的な記録を基礎とするのが望ましいです。

https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/151106-06.pdf

  • 働き方改革アカデミー
  • Chatworkで届く人事労務最新情報

田中 宏一郎 facebook

Copyright©NEO PLANNING All Right Reserved.